【土曜日も診療】福岡市で認定医による矯正治療なら

福岡市南区大橋2-14-18ユー大橋1F
西鉄大橋駅西口徒歩5分/マックスバリュー大橋店向側/ 提携Pあり

 
9:30-13:00 × ×
14:30-19:00 × ×

△:午前9:00~13:00 ▲:午後14:30~18:00
休診日:水曜・日曜・祝日(祝日のある週の水曜日は診療)

ご予約・お問い合わせは

092-557-8241

3歳から始める受け口治療

ムーシールド

下の歯が上の歯より前に出ている「受け口」という状態を歯科用語で反対咬合(はんたいこうごう)と言います。

 

歯科医院に行っても「永久歯がはえそろうまで様子を見ましょう。」と言われることが多いようです。

2歳で受け口(反対咬合)だった子どもが、成長と共に自然治癒する可能性は50%と比較的高いのですが、3歳の時点で受け口(反対咬合)だった子が自然治癒する可能性はとても低くなり、約6%と言われています。

そこでおすすめなのが、子供専用の歯列矯正用咬合誘導装置「ムーシールド」を使った治療法です。夜寝ている間に装着するだけの負担の少ない装置で、3歳程度の乳歯列期であれば6ヶ月から1年で効果が現れ、多くの症例で改善が見られています。6歳ごろになり、前歯の永久歯が生えてくる時期になるとムーシールドだけでは難しい場合も増えてきす。

なぜ、早めに治療をした方がよいのか?

反対咬合(受け口)をそのままにしておくと、下あごが過成長しやすくなり、顔立ちにも影響を及ぼすことがあります。下あごが過成長すると、治療方法の選択肢が少なくなり、治療も難しくなります。さらには反対咬合の程度が強くなると、あごの骨を切るという外科手術でしか対応できないケースも出てきます。

3歳児健診では4~5%の割合でこの反対咬合が見つかります。

 

3歳児検診で反対咬合と診断されたら、まずはご相談を。

無料矯正カウンセリングはこちら

けやき歯科・矯正歯科では、矯正治療の認定資格を持つ歯科医師による無料カウンセリングを実施しております。

無料相談をご希望される方はお電話でお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

092-557-8241