【土曜日も診療】福岡市で認定医による矯正治療なら

福岡市南区大橋2-14-18ユー大橋1F
西鉄大橋駅西口徒歩5分/マックスバリュー大橋店向側/ 提携Pあり

 
9:30-13:00 × ×
14:30-18:30 × ×

△:午前9:00~13:00 ▲:午後14:30~18:00
休診日:水曜・日曜・祝日(祝日のある週の水曜日は診療)

※受付終了は午前の部12時30分、午後の部18時(土曜は17時)です

ご予約・お問い合わせは

092-557-8241

虫歯は染る??

新着情報

福岡市 南区 大橋 けやき歯科 矯正歯科 日本補綴歯科学会専門医 塚野寛久

子供に虫歯菌は染るのですか?という質問をよく受けます。

虫歯は感染症であるため、母親に限らず虫歯のリスクの高い養育者が同じスプーンを使ったり、口移しで与えたりすることが習慣的に行われると、感染するといわれています。広島大学の研究では、子供から検出された菌のうち母親由来が51.4%、父親由来が31.4%、その他が18.6%という結果が報告されています。

乳歯が生えてくる時期で特に感染の危険が高まるのが、生後19ヵ月(1歳7ヶ月)から31ヵ月(2歳7ヶ月)までの「感染の窓」と呼ばれる時期です。この時期は最も注意が必要とされています。

しかし、虫歯菌が入っても定着が起こらない場合は虫歯にはなりませんので、甘い物の摂取を控えたり、しっかりと仕上げ磨きをしたりするなどの日頃のケアで十分に虫歯は予防できるものです。

また、母親を始めとする養育者のお口の中に、虫歯が全く無い状態にしておくことも感染予防では重要なことなのです。