【土曜日も診療】福岡市で認定医による矯正治療なら

福岡市南区大橋2-14-18ユー大橋1F
西鉄大橋駅西口徒歩5分/マックスバリュー大橋店向側/ 提携Pあり

 
9:30-13:00 × ×
14:30-19:00 × ×

△:午前9:00~13:00 ▲:午後14:30~18:00
休診日:水曜・日曜・祝日(祝日のある週の水曜日は診療)

ご予約・お問い合わせは

092-557-8241

当院のブログはこちら

歯の矯正でインプラントのような歯科矯正用アンカースクリューを使用することがあります。比較的新しい手法なので、インプラント?!と驚く方もいらっしゃるかもしれません。

この矯正方法は、歯茎の上から骨に小さな矯正用アンカースクリューを入れ、それを力の土台として歯を動かすために用います。

先日マウスピース型矯正装置による矯正治療方法の一つであるインビザラインの認定講習会に参加してきました。

マウスピース型矯正法は当院でも既に導入していますが、

今回受講したインビザラインは年々進化し、適応となる症例が増えてきています。

歯並びも気になるけれど、矯正装置が目立つのも気になってしまうという方におすすめなのが、ホワイトワイヤーです。

カレー・コーラ・コーヒー・紅茶・ワインなどは『着色性食品』と呼ばれ、文字通りとても歯に着色しやすい食品です。歯を白く保つ為に、絶対に食べないで!とはいいません。今回は着色性食品を食べた後に簡単に着色汚れを防ぐ方法を紹介したいと思います。

子供に虫歯菌は染るのですか?という質問をよく受けます。

虫歯は感染症であるため、母親に限らず虫歯のリスクの高い養育者が同じスプーンを使ったり、口移しで与えたりすることが習慣的に行われると、感染するといわれています。広島大学の研究では、子供から検出された菌のうち母親由来が51.4%、父親由来が31.4%、その他が18.6%という結果が報告されています。

副院長の塚野尚子です。

小児矯正・咬合誘導(早期矯正ともいいます)の研修会に参加してきました。

さて、今回は『親知らず』についてです。

親知らず(親不知)とは、前歯から数えて8番目の歯、一番奥の大臼歯、つまり永久歯の第三臼歯のことで、上下合わせて4本あります。多くの方は20代頃に生えてきますが、そもそも親知らずが先天的に存在しない場合、生えてこない場合もあります。